AVCC クラブマンロードレース第一戦 富士スピードウェイ レポート

2011年6月5日 開催されたAVCCのレポート。 どんよりとした曇り空ですが天候はなんとか1日もつ天気予報。富士スピードウェイへ。


コースではすでに予選が始まっていました。 富士スピードウェイはとてもきれいなコース。F1が開催されただけあって設備も大変よく整っています。

そして、今回お邪魔したのはHUNGRY DEVIL’S さん達のピット。 レーサー仕様のWLはそりゃカッコいいです。





タンクに貼られた車検通過ステッカーはキャリアの証。

決勝のウォームアップラップ前、

HUNGURY DEVIL’S の吉田達也達也選手と監督の真下氏

NEAT STYLEの角田一正選手

Natural Steel Worksの田邊英孝選手


タイヤを温めながら1周してグリッドへ並びます。

こちらは、LAND SNAIL RACING のTOM選手と滝沢選手のお二人。 S&S ナックルのモディファイドクラス。

スターティンググリッドへ

決勝 1LAP目。 周回数は僅か6周なので15分で勝敗が決まります。1LAP目からガンガン攻めなければなりません。様子を見ている余裕はありませんが、皆楽しみながら走っている感じです。



バトルが繰り広げられます。

吉田選手とTOM選手のバトル
という感じで無事終了。 ほんとに楽しむには走る必要がありますがサーキットはたまに来てみるとやはり楽しいですね。
リザルトはこちら。

This entry was posted in Racing (レース), イベント and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です