オイルエレメント(フィルター)の取付 【推奨】と オイルスクリーン フィルターの清掃


現行車には当たり前に付いているオイルエレメント ( オイルフィルター)。 SHOVEL,PAN オーナーの皆様は、このオイルフィルターのお取り付けに抵抗感をお持ちの方が多いですよね。 しかし、このエレメントが万が一の保険としてあなたのエンジンを守ってくれる事もあるのです。 オイルフィルター未搭載車の皆様、車検などの機会にオイルフィルターの増設をご検討してみてはいかがでしょう? 

S&S製のSHOVEL クランクケースは、エンジンフロントにボルトオンでエレメントを取り付けられるマウント穴が付いています。HDケースにはありませんがS&Sエンジンはここを利用することで簡単にオイルエレメントの取り付けが可能です。 

下の写真は、ジェネレターモデルのS&S パンエンジンにワンオフ ブラケットを作ってエンジンフロント下部にオイルフィルターを設置した仕様。 ツールケースの裏なのでこれならほとんど見えませんがブラケットはワンオフ製作となります。

また、オイルスクリーンフィルターの清掃は抜かりなく必ずオイル交換時に実施してください。  エレメントが無い車両でこのスクリーン フィルターを清掃しないと致命的トラブルは避けられませんよ。

 

This entry was posted in メンテナンス, ロデオの日常 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です