ストリートグライド FP3取り付け

今年も梅雨が明けると一気に真夏になりそうな予報ですが、インジェクションチューニンは空燃比の最適化を主軸にパワー、乗りやすさ、ノッキング対策そしてこれから迎える夏への対策、オーバーヒート対策にもなります。 燃調が薄い状態ではエンジン温度の上昇は避けられません。 夏前に対策をオススメします。

This entry was posted in FUEL-INJECTION, Touring Model and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です