Tag Archives: S&S

S&S ナックル オイルライン経路

最近、大変多くのご質問を頂いておりますS&S KN ナックルエンジンについて、メカニカルインフォメーションなども少しづつご紹介していきたいと思います。 今回はオイルラインの取り回しですが、ナックルのオイル ルーティンをイラストでご紹介します。オイルエレメントレスの場合はイラストとは異なります。付いているオイルポンプは スタンダート プレッシャーのビレット オイルポンプです。

S&S には各界で定評を得ているチューンドエンジンや大排気量用に使うハイボリューム プレッシャー タイプ ( HVHP) のオイルポンプがあります。 そのオイルポンプは中々素晴らしいので後程ご紹介します。

Posted in S&S, メンテナンス | Tagged , , | Leave a comment

DYNO パワーチェック (S&S Bore up kit)

HDツインカム パワーチェック、高出力を持つエンジンの場合、全開域100%開度のフィーリングは速度が出すぎて一般道では中々正確に検証する事は出来ません。今回の様にシャーシダイノで計測してみると開度100%では明らかにガスが薄すぎる事が判りました。 上をもっと濃くしてあげれば中速からの繋がりもスムーズになり乗りやすくなります。当然上の出力は更に上がるでしょう。

やはりデーターで見ると弱点を正確に見つけることが出来ます。 このエンジンはS&S製のボアアップキットが組み込まれたチューンドエンジンでしたので更に煮詰めていけば+10ps位はすぐに持っていけると思いますよ。 次回に期待してます!

Posted in DYNO DATA (データー), DYNOJET, カスタム, ツインカム | Tagged , , , | DYNO パワーチェック (S&S Bore up kit) はコメントを受け付けていません。

S&S Black Edition Engine (’84-99対応)

リジッドマウントFrame には、この84~99対応のエンジンが、S&S製 Black Edition Engine となります。
ロデオユーザーの多くの皆さんはこのエンジンが適合となるでしょう。

写真のエンジンは排気量 111cu” モデル。(1820cc)

Posted in S&S, エンジンリプレイスメント | Tagged , , | S&S Black Edition Engine (’84-99対応) はコメントを受け付けていません。