Category Archives: Maintenance (メンテナンス)

Twin CAMの弱点、TC88ユーザーさん、カムテンショナーは大丈夫? (TC88 ’99-’06)

ツインカムTC88はたいへん優れたエンジンですが、メンテナンスを怠れないカムテンショナー (Cam tensioner) 問題というのがあります。 早ければ走行距離 4万kmくらいから。 5~6万km走行の車両では、ほとんどこの様にテンショナーの摩耗がみられます。  当時、アメリカでは構造的問題と問題視された時期もありましたが、時は流れ今や9代目を張る ミルウォーキーエイト(Milwaukee-Eight)の時代。 最近では、定期メンテナンスを行いながら乗るものとして、あまり騒がれなくなりましたね。

先日、久しぶりにテンショナー交換をさせていただいたので改めてまたご案内したいと思います。 TC88の中古車両は金額的にも手頃な車両も多いと思います。 このトピックスは特にUSEDを購入した方こそ、知っておいて損はありませんね。

該当年式は、1999年~2006年式までのTC88車両となります。 

’96 DYNAと’97 TC96cu” 以降、テンショナーは油圧式となりましたので耐久性があがっているので今回は除きます。   また、関連部品ではインナー/アウターのベアリング問題、クランクシャフト問題、ボルトの強度など他にもメンテナンスどころはありますがそれらも今回は割愛します。

摩耗してしまったテンショナー

このテンショナーはどこにあるかと言うとカムカバーを外すと見えるカムチェーンとカムチェストプレートの外側と内側に2個付いています。

新品とすり減ったカムテンショナーの比較

ご覧の通り、カムチェーンとテンショナーは常に接触しているのでこの摩耗は避けられません。 もし放置してしまうとこの樹脂が無くなり金属部とチェーンが直接接触してきます。 残った樹脂は破断しバラバラとなってオイルと共にエンジンを循環してしまうと大変困った事態になります。

解決方法は、

① 定期的なテンショナーの交換 (HD純正推奨) 。

② テンショナー自体の油圧化/カムギヤ化等。

などあります。

クランクシャフトまで辿り着いたら、シャフトのブレを検査します。 もし、クランクシャフトが大きくブレてしまっているエンジンは、ギヤ化が出来ません。 HDの指定する許容値とギヤメーカーが指定する許容値は異なり、ギヤ化するには、より厳しい僅かな振れのみ使用できる設定になっています。
今回のエンジンは、テンショナーのみをリプレイスする予定でしたがクランクシャフトの振れの検査も行いました。 結果は003と既定値内の僅かなブレのみでした! 何よりです。

——–今回の作業参考——–
2001年式 TC88
DYNA LOWRIDER
走行距離 48000km

年間1万km以上走る人は油圧化した方が将来のメンテナンス費用が結果安く抑えられますね。
ご参考にしてみてください。

走行距離である程度判断できますが、もしカムカバーからシャカシャカ音が聞こえてきたら要注意です!
早めにメンテナンスを行いましょう。

Posted in Maintenance (メンテナンス), Twin-Cam (ツインカム) | Tagged , , , , | Leave a comment

タイヤグルーバー

昔のカットスリックを思い出します。
これでマキシスのダートラタイヤ にカット入れます。

お遊び事ですみません!

Posted in Dirt Track, Maintenance (メンテナンス) | Tagged , , | Leave a comment

インジェクション車両の診断、パフォーマンス チェックをおすすめします! 費用は1万円

ロデオではインジェクション車両の状態を診断するパフォーマンス チェックを行っております。 エアクリーナーや排気系を自分で交換してみたが,不調を感じるような場合、インジェクションチューニングを行う前にまずは診断してみたいというご質問を大変多く頂きます。  そんな時はパフォーマンス チェックを是非受けてみてください。

パフォーマンス チェック 費用
10000円 (税別)

シャーシ台を使い、パワー、トルク、空燃比などを測定し現状の状態を検証いたします。 過去行ってきた弊社のデーターと照らし合わせ、お客様の車種、年式で状態の善し悪しをアドバイスいたします。  エンジンの高温問題、ミスファイヤ、ノッキングなど症状などあればお伺いしてデバイスを含めご提案を致します。

尚、パフォーマンス チェックはご予約が必要となりますが、1時間程度で作業は終わります。
お気軽にご相談ください。

 

Posted in Maintenance (メンテナンス), Fuel Injection (インジェクション), DYNOJET (シャーシダイノ), DYNO DATA (データー) | Tagged , , , , , | Leave a comment

DELORTO Carb Parts

XR1000 の ツインキャブ、 デロルト キャブレター 。 この加速ポンプのパーツが劣化して動きが悪くなってきたのでメンテナンス。 イギリスから取寄せました。 

DELORTO Carb Parts

Posted in Maintenance (メンテナンス), Sportster (スポーツスター), XR1000 | Tagged , | Leave a comment

ワンオフ製作、キャリヤ、ハンドル製作

皆様、車両を乗り続けていると、色々使い勝手でほしい機能やスタイル、ポジションの再考などする時が必ずあると思います。 少し費用がかかる場合もありますが、積極的に自分のスタイルへ煮詰めて行けたらより楽しめると思いますよ! お気軽にご相談ください!

Posted in ロデオの日常, カスタム製作, Maintenance (メンテナンス) | Tagged , , | Leave a comment

Milwaukee-Eight (M8) S&S 465Cカムで95hpオーバー

先日、H様のHarley Davidson Milwaukee-Eight (M8) にもカム交換をさせて貰ったのでご紹介致します。 今回は、フルパワーではなくトルク重視で465Cを選択。 マフラーなどの相性も良く最終的には95馬力を超え十分なトップパワーも得られました。 カム導入によりスロー系のアイドリングのフィーリングもガラリと変わります。 これから改めてまた楽しんで行けると思います。

M8は他のエンジンに比べ低予算でカムを導入できます。 インジェクションチューンの際は是非同時にご検討してみてはいかかでしょうか。

尚、皆様の車両の吸排気の組み合わせによりそれぞれのマップデーターや最高出力は変わってきます。 詳しくはお気軽にご相談ください。

—–ご予算の目安—–
Vance & Hines Fuelpak 3 本体 49800円
インジェクションチューン 80000円
S&S カム導入 150000~180000円 (各種カム)

※弊社はVance & Hines Fuelpak の正規取扱ディーラーです。

Posted in M8 (Milwaukee Eight ), Maintenance (メンテナンス), Fuel Injection (インジェクション), DYNOJET (シャーシダイノ), DYNO DATA (データー) | Tagged , , , , , , | Milwaukee-Eight (M8) S&S 465Cカムで95hpオーバー はコメントを受け付けていません。

Harley Davidson FL PAN オーバーホール

Posted in Instagram, Maintenance (メンテナンス), Pan (パン) | Tagged , , , | Harley Davidson FL PAN オーバーホール はコメントを受け付けていません。

M8 カム交換の作業を紹介します。 どのタイミングでカムを導入します?

以前からご案内しております、M8 (ミルウォーキーエイト)のカム交換。 もはや、M8所有のオーナーにはデフォルト的なアップデートとなっておりますが、どのタイミングでカム交換をしたらいいか悩みどころかと思います。

費用的にどのタイミングがベストか?

M8(ミルウォーキーエイト)は、以前のEVO,TWIN-CAMと比べ低費用で高出力が得られます。 その一つがカム交換と言えますが、インジェクション車両でもハイカムを導入すれば当然、再セッティングが必要となります。 すなわち燃調が必要となる訳ですが、ここで、予算的にメリットがあるタイミングというのは、初めてインジェクションチューニングを行うタイミングです。

デバイス導入、マフラー交換でチューニングが必要となりますので、その時、同時にカムも交換できれば1度にセッティングを行う事が可能となります。 せっかく、燃調をする機会があるのに、後でカムを導入するとなると、この燃調費用(7万~10万)が再び必要となってしまいます。 もしご予算に余裕があれば、このM8は特に最初のチューニング作業と同時にカム交換をするのがオススメです。

今まで高出力を得る為には、排気量アップに加えハイカムを組み込み、ほぼ間違いなくヘッドワークと言われる燃焼室の加工も必要でした。 このミルウォーキーエイトは無加工のままカム本体の交換だけで100hp以上を得られるというパワーを秘めています。 またトルクカムの導入ではより鼓動感があるエンジンフィーリングを楽しむことが出来ます。

ミルウォーキーエイトも発売され数年経ちました。 もしまだノーマルのM8に乗っているなら、そろそろこの世界を味わってもいい時期ではありませんか?

トルクカム
パワーカム

それぞれ特性の違いもありますので詳しくはお気軽にお問合せください。

———– カム導入の予算目安———–
インジェクションチューニング+15万円~
—————- 内容 ——————-
S&S カム交換
S&S タペットカフス交換
S&S 強化インナーベアリング交換
油脂等
—————————————–
カムの種類等々、使用する部品により費用は異なります。

※ 現在、S&Sでは高出力を狙う場合、カムプレート& オイルポンプのアップデートを推奨しております。

それでは、弊社で行われている作業模様もご紹介いたします。

Posted in M8 (Milwaukee Eight ), 新製品/商品紹介, カスタム製作, Maintenance (メンテナンス), Fuel Injection (インジェクション), DYNOJET (シャーシダイノ), S&S | Tagged , , | M8 カム交換の作業を紹介します。 どのタイミングでカムを導入します? はコメントを受け付けていません。

運用開始! 【Fuelpak PRO】でワイドバンド

先日、 Vance & Hines から送られて来ました! “Fuelpak Pro ”

このフューエルパック プロ を使う事で、これからはFP3から直接ワイドバンドセンサーを介してインジェクションチューニングが行えるようになります。 現在でもDYNOJET側のワイドバンドセンサーを使用しているので仕上がりが大幅に変わる訳ではありませんが、併用することで作業時間が少しでも短縮できればと期待してます。

また、Vance & Hines は、FP3で製作したマップの管理を専用サーバーを使い、DEALER ACCOUNTにて簡単にアクセスできる仕様とすることで、更に利便性を大きく改善しはじめました。 現在はまだテスト運用中ですが近日詳細がアナウンスされる予定です!

※このFuelpak Pro Wide band Unit は、 皆様お使いのFP3へ接続してインジェクションチューンを行う為の機器ですので、残念ながら一般ユーザーがワイドバンドを使用しながら走行できるようなデバイスではありません。 (HDの純正はナローバンド)
現在では、インジェクションチューニング用の追加補正機器としてトレーニングを受けたVance & Hinesの正規チューニング ショップ のみに配布された装置となります。

(フューエルパック プロ ワイドバンド ユニットのワイドバンドO2センサー)

Posted in 新製品/商品紹介, Maintenance (メンテナンス), Fuel Injection (インジェクション), DYNOJET (シャーシダイノ) | Tagged , , , | 運用開始! 【Fuelpak PRO】でワイドバンド はコメントを受け付けていません。

実際、乗って走ってみると欲しいポジションがよく解りますよね。

ハンドル周りのポジション出しは大切ですね。 身長、体格、腕の長さ、これらは皆さんそれぞれ万通り。 ベスト ポジションを導くには少し走ってみないと判らない事もあります。 今回は、先日納車させて頂いたS様の車両、ナラシも、あともう少しという段階まで乗って頂いたところで、ハンドル周りを再調整致しました。 交換パーツはハンドルライザー。 プルバック タイプのライザーへ交換する事でポジションを手前に再調整する事が出来ました。 皆様もハンドル形状、ライザー長、プルバック長、更にはシート高やフットコントロールのポジションなどそれぞれの箇所を見直し自分にピッタリのポジションへ近づけられれば、操作性がとても良くなって長距離も疲れませんよ。
そんなポジション調整、ご相談承ります。

ちなみにこのライザー、現在入手困難な純正タイプのベント形状をしているプルバックライザー。 最近の安価ライザーは角ばった曲がりばかりですが、こちらは曲げが大きいアールの純正形状。 お薦めです。

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作, Maintenance (メンテナンス) | Tagged , | 実際、乗って走ってみると欲しいポジションがよく解りますよね。 はコメントを受け付けていません。