Category Archives: 新製品/商品紹介

【朗報】新加工追加、旧型ラップラウンドオイルタンクにセルの取付が可能となりました。

ロデオモーターサイクルの新しい年式ではタル型オイルタンクが主流ですが、クラシックなど昔ながらのラップラウンドオイルタンクを使っている車両もあります。 タル型オイルタンクはセルを回せる大型サイズのバッテリーBOX容積があったり、下部にはセルモーターを配置するスペースも確保されています。 キックオンリーで作った車両であっても、このオイルタンクが使われていれば、後々オイルタンクまで交換せずに、セル 付きのオープンプライマリーへ換装する事は比較的簡単に可能でした。

しかし、旧型のラップラウンドオイルタンクは、元々 昔の 6V 縦型バッテリー用なので狭いBOX容積しかありません。 そこにギリギリ入る12Vバッテリーを使い車両を仕上げている訳ですが もしセルを後付する場合、セルを回せる大型バッテリーが入らない、 更に大きな問題となる下部にはセルモーターを付けられるだけの隙間がない。という構造的特徴がありました。

今回の作業は、この旧型ラップラウンドオイルタンクにセルモーターが取り付けられる特別の加工を加え、オイルタンクはそのまま、更にバッテリー問題はリチウムバッテリーを使うという事で2つの問題を解決いたしました。

クラシックなどにお乗りの方で、旧型タイプのオイルタンクのまま、セルを付けたかった!!
という皆様、 お待たせいたしました。

この条件で解決します。

オイルタンクの加工
配線ボックスの増設
リチウムバッテリーへ換装

など、独自の加工が必要ですがお気軽に相談してみて下さい。

 

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作, Maintenance (メンテナンス) | Tagged , | 【朗報】新加工追加、旧型ラップラウンドオイルタンクにセルの取付が可能となりました。 はコメントを受け付けていません。

ショーライバッテリー は専用の純正充電器と共にどうぞ!

弊社、ショーライバッテリーの正規取扱店でございます。 次世代リチウムバッテリーの導入を検討のお客様、 弊社で取り付けたバッテリーには、メーカー保証が適用されますので選択肢の一つとしてオススメです!

SHORAI BATERRY とは?
Shorai Inc.(アメリカ)が製造・販売するバッテリーで、従来の鉛バッテリーとは全く異なった最新のLifePO4 テクノロジーを搭載した次世代のバッテリーです。※LiPO(従来のリチウムポリマー)とは異なり充電時のガス発生が無いなど安全な技術です。

特徴としては、
高い安全性が証明されている。
自己放電率 1/7 & 高耐久性
超小型・超軽量(約1/5)
メンテナンスフリー
ハイパワーで始動性抜群
超急速充電が可能
等々、環境に優しい製品です。

カスタム屋としては、 やはり限られたスペース内で必要アンペアが実現できる小型のバッテリーは必要不可欠です。

Posted in ロデオの日常, 新製品/商品紹介 | Tagged , | ショーライバッテリー は専用の純正充電器と共にどうぞ! はコメントを受け付けていません。

Rodeo S&S Super Stock Shovel ムービー

S&S製 Shovel Super Stock Engine の紹介ムービー。 S&S SHOVEL 独自の Center Fin INTAKE PORTのズームなども紹介。 このフィン形状によりShovelでありながらEVO同等のAir Flowを実現しています。

Posted in 新製品/商品紹介, エンジン載替, S&S, Shovel (ショベル), Movie (動画) | Tagged , | Rodeo S&S Super Stock Shovel ムービー はコメントを受け付けていません。

セル仕様 でイージーライドもおすすめです。

こちら今週納車をさせて頂きました、スタンダート ショベル号に装備しましたオープンベルトのキック & セル キット。 このBDL のセルキットはルックスも小さめですし目立たなくてよいですね。

皆様も、是非こんな仕様を検討してみてください。 キックオンリーの漢!! も、もちろん良いのですが、少し敷居を下げて簡単に乗れるバイクを目指すのもロデオモーターサイクルならではかもしれませんよ。  セル & キック併用です。

Posted in 新製品/商品紹介, 車両情報, Shovel (ショベル) | Tagged , , , | セル仕様 でイージーライドもおすすめです。 はコメントを受け付けていません。

タイヤ勝負となるか? 明日からルナティックジャムでヒルクライム開催。

今年のルナテックで開催される 緩クライム (ユルライム) = ヒルクライム 草レース。 密かに盛り上がっておりますよ。  ノーマルタイヤで参戦するツワモノも何台かいらっしゃるそうですし、 本格的なアイアンやサイドバルブのダート仕様で作り込んだ車両共々、公道では なかなかお目に掛かれない仕様ですから観客としても楽しめると思います。 明日の土曜日 の午後にはフリー走行、日曜の午前中に本戦という予定だそうです。

コースは宝台樹のスキー場のゲレンデ特設コースですので、今のグリーンシーズンは 野芝、雑草というコンディションです。 恐らくタイヤ性能で大きくパフォーマンスは変わると予想されてます。  エンデューロ用やモトクロス用のブロックタイヤが強いのか、いずれにしてもリヤだけでもタイヤ交換はしておいた方が良いですよ。

ということでダート用タイヤどんな物があるかご紹介。

こちらは、GOOD YEAR のダートトラック用の本物レース用 19″タイヤ。      「EAGLE (イーグル)」  コンペディション用でソフトコンパウンド。


こちらは ダンロップの 「K180」

 

他にも、 ダンロップはダート系のラインナップも豊富で 「GEOMAX」 は千里浜サンド フラッツでも使用率が高く柔路は強そうです。

ダンロップ GEOMAX MX11
ダンロップ GEOMAX ENDURO D909
ダンロップENDURO D908RR
ダンロップBURORO D605
ダンロップBURORO D603

他では
ミシュラン CROSS COMPETITION S12XC
メッツラー Karoo
メッツラー enduro3
メッツラー 6days
SHINKO HOLESHOT シリーズ
(順不同)

などエンデューロタイヤも含めると色々と選択肢はありますね。

 

  

 
こちらは SHINKO の オフロードタイア

 
海外の本格的なヒルクライムなどではパドルタイヤと呼ばれるタイヤが使われます。

 
Allstate Tire ( オールステートタイヤ ) の 「dirtman-500-16″」

 

ロデオも含めHD系では16″ホイールが多く使用されておりますのでロード兼用の Allstate Tire ( オールステートタイヤ ) の 「dirtman-500-16″」 などもホイールがそのまま使えるメリットもあるかもしれません。

この辺りもロデオでも取扱っておりますので来季、本格的なオフロード仕様のHDを造って挑戦してみてはいかがですか?

足回りを入れるだけれも雰囲気でますよ!

Posted in 新製品/商品紹介, イベント (カスタムショーなど), Racing (レース) | Tagged , , , , , , , | タイヤ勝負となるか? 明日からルナティックジャムでヒルクライム開催。 はコメントを受け付けていません。

Shovel Morris Mag (モーリス製 マグネト)

モーリスのマグ (マグネット)。
かっこいいです。

時価品ですが、
http://rodeodirect.shop-pro.jp/?pid=130611539

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作 | Tagged , | Shovel Morris Mag (モーリス製 マグネト) はコメントを受け付けていません。

S&S X-WEDGE エンジン搭載の “Morgan 3 Wheeler” が日本で発売とはホントか!?

いやぁ、驚きのニュースが、、、

以下 Car watch さん の記事から引用です。

4月5日から「モーガンカーズ・ジャパン」が日本導入する
「3-WHEELER」(766万8000円)

ケータハムカーズ・ジャパンを運営するエスシーアイは、新たに英国のモーガン・モーター・カンパニーと日本国内での輸入販売契約を締結。正規輸入元の「モーガンカーズ・ジャパン」として、4月5日から日本の国内法規に適合するモーガンの4モデルを国内導入するほか、部品販売やアフターセールス業務なども開始する。

正規販売代理店は全国に8店舗を展開。なお、これまで輸入元を務めてきたモーガン・オート・イワセは正規販売代理店の「モーガンカーズ東京」となり、モーガン車を継続販売する。日本導入されるのは「3-WHEELER」(766万8000円)、「4/4」(766万8000円)、「PLUS 4」(820万8000円)、「ROADSTER」(993万6000円)の4モデル。 ~省略

噂ではだいぶ前から聞いていたのですが、ほんとうに実現出来るとはすごいですね。  エンジンはアメリカではEPA承認済みでEURO3にも対応していたはずですが、三輪なのでトライク同様のカテゴリーとして登録されるので色々な基準がクリヤ出来るのか解りませんが、もし自動車(4輪車)としてこのスタイルで国内登録できるとすればそれはそれで驚きです。 いずれにしてもモーガンジャパンさん頑張りましたねぇ! 

Car Watchさんの記事にはありませんが、このエンジンは 2010年にS&Sが独自に開発した 「X-WEDGE」 というエンジンで、元はモーターサイクル用です。 Intakeを共通カムとし3カム 空冷 V-Twin インジェクション、シリンダー鋏角は56.25度、排気量 117cu” (1917cc)というスペックでリリースされており、 独立系バイクメーカーの 「Confederate Motorcycles 」からX-WEDGEを基に132cu”仕様のエンジンを搭載した ” X132 HELLCAT” というモーターサイクルもリリースされいます。

写真は X132 HELLCAT

このモーガンスリーホイーラー用に使用されているX-WEDGEも、通常の排気量とは若干差がありますので多少スペックも違うのかもしれません。

購入した方がいらっしゃいましたら是非、見せて欲しいです。 隣に載せて下さい! そしてご興味がある方、今すぐ正規輸入元「モーガンカーズ・ジャパン」へお問合せを!!  

Morgan 3-WHEELER (For USA Model)Specification

Engine: S&S 1983cc
Power: 60kw (82bhp) @5250
Dry Weight: 525kg
Performance: 0-62 – 6.0 seconds
Top speed: 115 mph (185 kph)

USA Versionの基本スペックは確かこんな感じのはずです。

そして最後に、

このエンジンを載せてバイクを造りたい方! 是非、ロデオにお問合せ下さい!お待ちしております!

CAR WATCHさんの元記事URLはこちら
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1115434.html

Posted in 新製品/商品紹介, S&S | Tagged , | S&S X-WEDGE エンジン搭載の “Morgan 3 Wheeler” が日本で発売とはホントか!? はコメントを受け付けていません。

HD純正 キックペダル 少量在庫発見

よく在庫まだありますか?

とお問い合せを頂くパーツなので倉庫を探してみました。  すると棚の奥に僅かですがまだ在庫がありましたのでご紹介させて頂きます。 探していた方はこの機会にどうぞ。

ハーレーダビッドソン純正のキックペダル「HARLEY-DAVIDSON」のロゴが入っているタイプです。
純正デット品の為、パッケージのビニールがヤレておりますがそこはデッドストックならではですのでご了承下さい。 中身は 新品、未使用の NOSパーツです。


購入はこちらからどうぞ

Posted in 新製品/商品紹介, 通販対応 | Tagged , , | HD純正 キックペダル 少量在庫発見 はコメントを受け付けていません。

Tank Side Hand Shift (タンク サイド シフト)

ジョッキーシフトと同様、ロッカークラッチもしくはスーサイドクラッチと共に使用するタンク サイド ハンド シフト。

タンクの幅や高さ、シートに座る位置、フットコントロールの種類や前後位置の違いなどに寄ってシフトし易いポジションが微妙にそれぞれ異なります。また、この辺りのパーツはボルトオンで使えるものも部品メーカーからほとんど流通されていませんので個々にワンオフで製作する事となります。

後付でもほとんどの車両に取り付け可能ですので興味がある方はご相談下さい。

Posted in 新製品/商品紹介 | Tagged , | Tank Side Hand Shift (タンク サイド シフト) はコメントを受け付けていません。

新商品 もうすぐ完成

New Parts Coming Soon.
新商品のご案内

一つは、ナローグライド対応でギリギリまで低くセットしたドラックータイプのハンドル
Low Mounting Handle Bar

もう一点は、前回も少し紹介しましたリジットフレーム対応のリヤフェンダーソロタイプ
Rear Fender With Solo Seat

それぞれ、ロデオ スタンダード、ボバー、フリスコなど、他ナローグライド装着車、リジットすレーム車両全般に適合する予定です。

 

Posted in 新製品/商品紹介, Standard (スタンダード), Frisco (フリスコ) | Tagged , , , | 新商品 もうすぐ完成 はコメントを受け付けていません。