Category Archives: カスタム製作

カスタムを進めてより成熟度が増したバイクはいい味が出ますね。

今日ご紹介する車両は、オーナーN様の車両、
製作当初からカスタマイズを行いつつ、N様ご自身でセルフカスタムも加えながら、今では全く別車両の様な雰囲気のある仕上がりとなっております。

カスタムをしながら車両を成熟させ、長くモーターサイクルを楽しんでおられるお姿は我々も大変嬉しい限りです。

特にフォーク周りや足回り、ライト周りなど当時のビンテージパーツを上手く使うところなど流石、お見事でございます!

また、N様は、趣味で集めたビンテージパーツを多く所有していて、オークションサイトで提供もしているので興味がある方は “ビンテージマーカーライト” で検索チェックしてみて下さい!   ビンテージのかっこいヘッドライトやテールライトをお持ちですよ!

これは、 今回ロデオで製作しました、ショートフェンダー対応のセンターナンバーブラケットアーム。 ワンオフ製作です。

Posted in 車両情報, カスタム製作, Absorb (アブソーブ), S&S, Shovel (ショベル) | Tagged , , , | Leave a comment

【朗報】新加工追加、旧型ラップラウンドオイルタンクにセルの取付が可能となりました。

ロデオモーターサイクルの新しい年式ではタル型オイルタンクが主流ですが、クラシックなど昔ながらのラップラウンドオイルタンクを使っている車両もあります。 タル型オイルタンクはセルを回せる大型サイズのバッテリーBOX容積があったり、下部にはセルモーターを配置するスペースも確保されています。 キックオンリーで作った車両であっても、このオイルタンクが使われていれば、後々オイルタンクまで交換せずに、セル 付きのオープンプライマリーへ換装する事は比較的簡単に可能でした。

しかし、旧型のラップラウンドオイルタンクは、元々 昔の 6V 縦型バッテリー用なので狭いBOX容積しかありません。 そこにギリギリ入る12Vバッテリーを使い車両を仕上げている訳ですが もしセルを後付する場合、セルを回せる大型バッテリーが入らない、 更に大きな問題となる下部にはセルモーターを付けられるだけの隙間がない。という構造的特徴がありました。

今回の作業は、この旧型ラップラウンドオイルタンクにセルモーターが取り付けられる特別の加工を加え、オイルタンクはそのまま、更にバッテリー問題はリチウムバッテリーを使うという事で2つの問題を解決いたしました。

クラシックなどにお乗りの方で、旧型タイプのオイルタンクのまま、セルを付けたかった!!
という皆様、 お待たせいたしました。

この条件で解決します。

オイルタンクの加工
配線ボックスの増設
リチウムバッテリーへ換装

など、独自の加工が必要ですがお気軽に相談してみて下さい。

 

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作, Maintenance (メンテナンス) | Tagged , | 【朗報】新加工追加、旧型ラップラウンドオイルタンクにセルの取付が可能となりました。 はコメントを受け付けていません。

Next Frisco Project 完成間近

こちらのプロジェクト バイク。 終盤まで仕上がって参りました。完成までもう少しです。

 

Posted in カスタム製作, Frisco (フリスコ), Hotrod (ホットロッド), S&S, Shovel (ショベル) | Tagged , | Next Frisco Project 完成間近 はコメントを受け付けていません。

通常営業 はじめました!

お盆休みは皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
ロデオも夏休みが明け、本日から通常営業に戻りましたのでご案内いたします!

写真は、HD 純正ショベルのクランクケース OHの模様

Posted in お知らせ, カスタム製作, Shovel (ショベル) | Tagged | 通常営業 はじめました! はコメントを受け付けていません。

Shovel Morris Mag (モーリス製 マグネト)

モーリスのマグ (マグネット)。
かっこいいです。

時価品ですが、
http://rodeodirect.shop-pro.jp/?pid=130611539

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作 | Tagged , | Shovel Morris Mag (モーリス製 マグネト) はコメントを受け付けていません。

アルミニウム製 ワンオフ リヤ ソロシート製作工程の紹介

Rodeo Aluminium Handmade Rear Fender
アルミニウム製 のソロシートをワンオフ製作工程の紹介。

まずは、予め決めたデザインを立体的に台紙で作っていきます。 部材としてその形をアルミ板から切り出しします。

切り出された部材をイングリッシュホイールやハンマーを使い叩いて成型してゆきます。

成型されたものをアルミ TIG溶接で接合し、最後に表面の仕上げとしてバフ掛けを施します。

ロデオではこのような1点モノのワンオフ製作も承っております。
カスタム製作のご質問もお気軽にご相談ください。 それではその作業工程をムービーにて御覧ください。 

アルミニウム製 ワンオフ リヤ ソロシート製作工程の紹介

アルミニウム製 ワンオフ リヤ ソロシート製作工程の紹介
Rodeo Aluminium Handmade Rear Fender
https://wp.me/p2c7kK-3Ff

RODEO MANUFACTURING INC. (ロデオ マニュファクチャリング インク)さんの投稿 2018年1月31日(水)

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作 | Tagged , , , | アルミニウム製 ワンオフ リヤ ソロシート製作工程の紹介 はコメントを受け付けていません。

S&S Super-E Carb 4″Air Horns

S&S Super-E Carb
4" Air Horns (エアーファンネル)

RODEO MANUFACTURING INC. (ロデオ マニュファクチャリング インク)さんの投稿 2017年11月2日(木)

S&S Super-E Carb
4″Air Horns (エアーファンネル)

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作 | Tagged , , | S&S Super-E Carb 4″Air Horns はコメントを受け付けていません。

プライマリーのオープンベルトをオープン チェーン化

ハーレーダビッドソンのクローズプライマリーをオープンベルト化する場合、使用するベルトの強度計算書などを提出し正式に改造申請をする必要があります。ロデオモーターサイクルの場合は初期諸元がオープンベルト採用として製造されておりますので多くの車両に1-1/2″、3″と数種類のベルトドライブが使用されています。

今回はその逆のカスタムでオープンベルトからチェーンドライブに変更。
特筆すべき点は、このチェーンはオープン用としても使えるようO-Ringが入っているプライマリー専用に造られたチェーンである事。オイルレスで使用できるのでチェーンルーブの飛散も無くメンテナンスも変わらずなかなかよろしいようです。

Posted in 新製品/商品紹介, カスタム製作 | Tagged , | プライマリーのオープンベルトをオープン チェーン化 はコメントを受け付けていません。

S&S L-Carb MGAL

S&S MGAL Carburator

Posted in カスタム製作, S&S, 【逸品】 | Tagged , , | S&S L-Carb MGAL はコメントを受け付けていません。

DYNO パワーチェック (S&S Bore up kit)

HDツインカム パワーチェック、高出力を持つエンジンの場合、全開域100%開度のフィーリングは速度が出すぎて一般道では中々正確に検証する事は出来ません。今回の様にシャーシダイノで計測してみると開度100%では明らかにガスが薄すぎる事が判りました。 上をもっと濃くしてあげれば中速からの繋がりもスムーズになり乗りやすくなります。当然上の出力は更に上がるでしょう。

やはりデーターで見ると弱点を正確に見つけることが出来ます。 このエンジンはS&S製のボアアップキットが組み込まれたチューンドエンジンでしたので更に煮詰めていけば+10ps位はすぐに持っていけると思いますよ。 次回に期待してます!

Posted in カスタム製作, DYNOJET (シャーシダイノ), DYNO DATA (データー), Twin-Cam (ツインカム) | Tagged , , , | DYNO パワーチェック (S&S Bore up kit) はコメントを受け付けていません。