Category Archives: エンジン載替

GAME CHANGER S&S Knuckle Engine

このナックルエンジンがS&Sからリリースされた時、各国の著名ビルダー達がこのエンジンを採用しカスタムを進めました。 業界ではゲームチェンジャーとして称されながら現在に至ります。

日本国内でこのエンジンを使用するには様々な諸条件をクリヤしなければなりませんが、一つの選択肢として存在していることに大きな意義があると思います。

当社では2つの排気量のラインナップをご用意しております。
S&S Knuckle Engine KN93
S&S Knuckle Engine KN74

Googleで検索してみると多くの車両が検索されます。
参考までにリンクをご紹介。

Posted in Knuckle (ナックル), S&S, エンジン載替, 新製品/商品紹介 | Tagged , , , | Leave a comment

S&S PAN ヘッド という選択肢

HDリプレイスメントヘッドを製作するメーカーとしては圧倒的地位にあるS&S社。 ロデオモーターサイクルのClassicも含めPANヘッドタイプのエンジンを選ぶ方がここ数年爆発的に増えたような印象です。 やはりパンならではの造形美はSHOVELとはまた一味違いますよね。 加えてパンでありながら安心して乗れるエンジンという点も選ばれる理由の一つです。 ロデオモーターサイクルで使用されているこのエンジンユーザーさん達を長年見ていても、もはやSHOVELとほぼ同等の耐久性を発揮している事が既に実証されております

Posted in Pan (パン), S&S, エンジン載替 | Tagged , | Leave a comment

S&S Super Stock と Super-E

ロデオモーターサイクルではド定番のスペック。
NEW Shovel Motor & New Super-E Carb 。
新しいエンジンへの載せ替えも承ります。

 

Posted in S&S, Shovel (ショベル), エンジン載替 | Tagged , , | Leave a comment

S&S T143 Black Edition Engine

S&S Cycle Inc. からリリースされているT143(ワンフォーティースリー) エンジン。 このエンジンはスゴイですね。

総排気量143cu” (2340cc)、最高出力162馬力です。
開発時にはシャーシダイを何度も壊した程の笑えないエピソードがあるそうです。
アメリカでは基本レース用として販売されているエンジンですが、ご興味がある方がいらっしゃいましたらご相談ください。

対応
1999-’06 BT (Black Edition)
1999-’06 DYNA (Touring)
1999-’05 DYNA (WBlack)
2006-’17 DYNA (Black Edition)
他有り

Posted in DYNO DATA (データー), S&S, エンジン載替 | Tagged , , , | S&S T143 Black Edition Engine はコメントを受け付けていません。

S&S Black Edition Engine (’84-99対応)

リジッドマウントFrame には、この84~99対応のエンジンが、S&S製 Black Edition Engine となります。
ロデオユーザーの多くの皆さんはこのエンジンが適合となるでしょう。

写真のエンジンは排気量 111cu” モデル。(1820cc)

Posted in S&S, エンジン載替 | Tagged , , | S&S Black Edition Engine (’84-99対応) はコメントを受け付けていません。

S&S Black Edition Engine (’07-16対応)

ロデオモーターサイクルで使用しているS&S製エンジン、2007~2016年対応のLONG BLOCK (注:トップエンドまでを含むエンジンの意) のブラックエディションバージョンがあります。 エンジンそっくりこちらへアップデート。如何でしょう?

こちらは124cu” 総排気量2030cc のツインカム ブラックエディション バージョンです。

Posted in エンジン載替, カスタム製作 | Tagged , | S&S Black Edition Engine (’07-16対応) はコメントを受け付けていません。

不調純正エンジン、 リプレイス受付中。

クランクケースに致命的なダメージを追ってしまったエンジン、経年劣化でどうにも調子が良くならない状態のエンジンなどは、OHでバラしてみたらクランクケースやシリンダーヘッドなどにクラックが見つかってしまう場合があります。 なんとか溶接修理を施せる場合もありますが、ほとんどの場合は駆動軸系周辺にそのクラックが入ります。 こうなると溶接修理で一見治った様に見えても元の強度を得ることは出来ませんので素材的にはもう元には戻らないと言えます。 そこで、もう一つのオプションとしてエンジンリプレイスメントがあります。当社なら S&SのNEWエンジンを正規に構造変更手続きを行え、載せ替えることが可能です。最後の選択肢としてエンジン交換を行ってみては如何でしょう。 ご相談随時承っております。

Posted in Maintenance (メンテナンス), エンジン載替 | Tagged , , , | 不調純正エンジン、 リプレイス受付中。 はコメントを受け付けていません。

New Engine Quality

Posted in Shovel (ショベル), エンジン載替 | Tagged , | New Engine Quality はコメントを受け付けていません。

S&Sのナックルという選択肢

今回のS&S製のナックルという新たな一つの選択肢については大変なご反響を頂きありがとうございました。今後も エンジンの写真など色々ご紹介していきたいと思います。

Posted in Classic 48 (クラシック), Knuckle (ナックル), エンジン載替 | Tagged , , | S&Sのナックルという選択肢 はコメントを受け付けていません。

【NEW】 エンジンの載替えが可能

今月10日発売のVIBES Vol.283号で告知となりました エンジン リプレイスメント サービス。

いよいよ、このエンジン載せ替えサービスの受付が始まりましたのでご案内致します。

このサービスはエンジン単体の販売ではありません。 載せ替え作業と共に、正式な改造申請を行い正規にエンジンの載せ替えを行う業務です。

元々、このエンジン載せ替えについては、「ロデオモーターサイクル」をご利用中のユーザーさん達が車両を買い変えること無く、S&SショベルからS&Sパンへ、S&Sナックルへと購入後にエンジンのバージョンアップが構造変更で行えないかと、準備を整えておりました。 その為、ロデオモーターサイクルについては、製造年式にも寄りますがほとんどの車両で対応が可能です。

そして、ハーレーダビッドソンの場合は、現在、お客様が乗られている車両の車検証上の車名、型式、年式、排気量等々の諸元と実際の仕様によって諸々の変更申請の手続きが異なり、稀に条件に寄っては換装できないケースもございます。
詳しくは車両と車検証をご持参の上、ご来店頂き担当者とまずご相談下さい。

また注意してい頂きたい点として、下記で表示している価格は条件として 「エンジンの下取り」 が含まれております。場合に寄ってはエンジンを手元に残しておきたいというお客様もいらっしゃるかと思います。 その場合、別途 「下取り」 を含まない場合の費用もお見積致します。 また、換装に辺り適合上、プライマリー、電装品などを含む交換パーツの必要性が発生する場合も考えられますので、その場合はそれらの費用も必要となります。

簡単に手続についてご説明すると、弊社がロデオモーターサイクルの新車で使用しているエンジン諸元を適応させる様、構造変更申請を行います。その為に正式にエンジンの載せ替えが実現可能となります。
載せ替え後の継続車検もなんら問題はありません。

作業合計費用等、皆様の車両条件に寄ってそれぞれ異なりますのでまずはお気軽にお見積をご依頼下さい。

MOTOR REPLACEMENT SERVICE
KNUCKLE. PAN. SHOVEL. EVOLUTION

エンジンリプレイスメントについてのご質問は以下のフォームより必要事項を入力して送信して下さい。

 

Posted in Classic 48 (クラシック), Knuckle (ナックル), Pan (パン), S&S, お知らせ, エンジン載替, 新製品/商品紹介 | Tagged , , , , , | 【NEW】 エンジンの載替えが可能 はコメントを受け付けていません。