同じ車種でも個体差はかなりあります。

Harley Davidson 2016 XL1200 へ Vance & Hines Fuelpak3 (FP3)とS&S ハイフローエアクリーナーを導入して燃調作業を行った例です。 この車両では、元の馬力は55.69hp。 そこから20hpアップの75.40hpと大幅アップの結果となりました。 XL系のチューニングは多く手掛けておりますがこの車両は大変良い結果となりました。 同車種でもかなり個体差がありますので1台1台チューニングを行う必要性はやはり否めません。

多くのチューニングをご依頼頂いておりますが、費用は掛りますが、チューニングはやっただけの結果をご提示出来ると思います。 お気軽にご相談ください。

This entry was posted in Fuel Injection (インジェクション), DYNOJET (シャーシダイノ), S&S, Sportster (スポーツスター) and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.