セルモーターの取付け

以前納車させて頂いたロデオ号です。納車時はキックオンリーでしたが、オーナー様が女性のため、なかなか慣れることができず、乗り出すのが不安ということでセルの取付をご希望されました。

セル取付前の車両です。

ベルト周りとオイルタンクを外し、セルモーターを取り付けていきます。

キックオンリーですと、小さいバッテリーで済むのですが、セルを取り付けるとなると、セルを動かすだけの容量が大きいバッテリーを搭載しなくてはなりませんので、オイルタンクの所にバッテリースペースを加工していきます。

いよいよ、ベルト周りを取り付けていきます。

これで完成です。ベルトが1-1/2″から、3″となりました。もちろん、キックも付いています。

キックオンリーに慣れていない状態ですと、信号待ちの不意のエンストに焦ってしまって、なかなかエンジンがかけられない、という状況が続いてしまうと、乗るのが億劫になってしまったりします。セルが付いていれば、安心感がありますね。

This entry was posted in カスタム製作, Maintenance (メンテナンス) and tagged , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.