スプリンガー用ワンオフロッカーで最適トレールを出す。

ロングフォークの末端部に付く部品を「ロッカー」と呼んでいます。 スプリンガーフォークの場合、この部品はハンドリングとフォークの動きを決定する重要なパーツとなります。 フォーク長やレイク角のパターンが多彩にある為、アクスル位置が最適となる様に適正トレール位置を導き出します。 当然、市販品では対応できない場合があるので、その時はワンオフで製作する事になります。

スプリンガー ワンオフ フォークロッカー

まずはCADで最適トレールのアクスル位置を決定します。 今回は角度0°で+110mmに設定。

スプリンガー ワンオフ フォークロッカー

スプリンガー ワンオフ フォークロッカー

削りだされたロッカーにアクスル穴をフライスしてゆく。

スプリンガー ワンオフ フォークロッカー 用スリーブ

圧入する真鍮スリーブを旋盤で削りだし組み付けたら完成します。出来上がりは後程。

This entry was posted in カスタム製作. Bookmark the permalink.

Comments are closed.