Monthly Archives: 6月 2011

Chopper longとTank Side Hand Shift

Long Forkにタンクサイド ハンドシフトは合うね。これは確か18”オーバーだったかな。昔の写真からピックしてみました。

Posted in Long Fork (ロングフォーク) | Chopper longとTank Side Hand Shift はコメントを受け付けていません。

Chopperという選択

CHOPPERという選択

Posted in Long Fork (ロングフォーク), Vibes, ハーレー雑誌など (メディア関係) | Chopperという選択 はコメントを受け付けていません。

夕立ち

今日も暑かったですね。館林では37℃を超えたそうです。今日も寝苦しい夜になるのかなと思いきや、先ほどから雷鳴と共に夕立ちが降り出しました。これで、少しは涼しくなってくれるといいのですが・・・。

Posted in スタッフダイアリー | 夕立ち はコメントを受け付けていません。

納車 そして Murushierago

お待ち頂いていた車両をお届け。

そして、話には聞いていた例のスーパーカーがガレージには・・・。 黒光りしたボディーの後部にミッドシップマウントされたV12の心臓部は、スケルトンのフィンで内部が見える。ガルウイングタイプのドアを跳ね上げコックピットに乗らせてもらいハンドルを握る、セミオートマのシフターはまるでフォーミュラーカーを彷彿させる。こりゃすげー車だわ。

ランボルギーニ

こんなイメージね。

「全く雨のこと考えて作ってねぇから、濡れるとリヤのダクトから水がバシャンバシャエンジンルームに入って来るんだよなぁ。」と。 確かににスケルトンダクトの間は5cm程の隙間何箇所も開いてたなぁ。 何から何までスケールがケタ違いの正しくドリームカーでした。

lamborghini.com Official Site

詳細はこちら http://www.lamborghini.com/

Posted in 独り言 | Tagged , | 納車 そして Murushierago はコメントを受け付けていません。

カスタムペイント&レタリング

先日、レタリングを施して頂いた車両ですが、その後いくつかの行程を経て、作業を完了しました。鏡面のように磨き上げ、ガソリンタンクには、見えるか見えないかという感じのフレイムスを施しました。

リアフェンダーサイドには、シルバーリーフを使用したレタリングと、上部にはレタリングの上からエアーブラシを使用しすこしぼかしを入れました。

Posted in ロデオの日常 | カスタムペイント&レタリング はコメントを受け付けていません。

V145 G-Extream Products Line Over 200馬力

今日、ちょっと調べ事をしていた時に目についた部品。 S&S には「Extream」というラインナップが存在ます。これはRacing Productsとして製造されているラインですので一般の車両に使われることはあまりありません。しかし、装着できない訳では無いのも事実。

S&S G-Extream

上の写真の様に、Super-EやSuper-Gを2連装する仕様です。

S&S V145 200hp

横にはデュアルギャブ仕様で計測したDYNO CHARTが載っています。V145cu” Engine G-Extream 6100rpm/203.6HP , MAX Peak Torque 191.8  出ています。 これだけパワーを出してどんな乗り味なのかぜひ機会があったら乗ってみたいですね。 Swedish330で使用しているV124cu”なら E-Extream (Dual E-Cab )の2連装は可能ですよ。(どなたかチャレンジャー募集)

 

Posted in S&S | Tagged , | V145 G-Extream Products Line Over 200馬力 はコメントを受け付けていません。

UL Cylinder Set from S&S

普段お届けしているSHOVELやPANよりさらに遡る事数十年前用の部品としてS&SではUL用シリンダーというビンテージパーツのリプレイスメントOLD NEWパーツがあります。 オーバーサイズ一杯までボーリングしてしまったユーザーには救いの部品となるでしょう。

UL Cylinder

Posted in S&S | Tagged , , , | UL Cylinder Set from S&S はコメントを受け付けていません。

撮影日和り

真夏のような暑さ。前エントリーでお知らせした新刊号「CHOPPER JOURNAL(チョッパー ジャーナル)誌」の撮影。 直射日光が強すぎるより多少曇りぎみの方が条件は良いのよ。と、昔、長髪&ヒゲ顔の凄腕カメラマンに教わったことがありました。 蒸し暑く35℃にもなるような勢いの中、レフ板が眩しい撮影現場でした。

計6台をあっという間に撮影。 ご苦労さまでした。

Posted in 独り言 | Tagged , | 撮影日和り はコメントを受け付けていません。

祝CHOPPER JOURNAL創刊

7月に「CHOPPER JOURNAL(チョッパー ジャーナル)」が創刊します。 「HARD CORE CHOPPER 」誌のクルーによる新たな紙面作りになるそうです。

CHOPPER JOURNAL

HARD CORE CHOPPER

こちらは50号を迎え完結した「HARD CORE CHOPPER」 海外の最新情報に触れる事ができる雑誌でしたが惜しまれながら終了。新しい「CHOPPER JOURNAL」へ。

Posted in ロデオの日常 | Tagged , | 祝CHOPPER JOURNAL創刊 はコメントを受け付けていません。

インジェクション用カスタムタンク XLHタイプ 装着イメージ(その2)

インジェクション用カスタムタンク XLHタイプですが、ご好評を頂いておりまして、ありがとうございます。以前、装着イメージをご紹介致しましたが、純正タンクと比較した場合について、ご紹介したいと思います。

こちらが、純正タンクのままの状態です。

インジェクション用カスタムタンク「XLHタイプ」を取り付けた状態がこちらです。

純正タンクは容量も大きいため、タンク周りがボテッとして見えておりましたが、インジェクション用カスタムタンク「XLHタイプ」を装着してみると、タンク周りがスッキリとして見えます。タンクのカスタムは、見た目も明らかに変わり、お手軽に出来る基本的なモデファイの一つと言えるでしょう。

全国通販しておりますので、詳細についてはRodeo Directでどうぞ。

Posted in Fuel Injection (インジェクション), 新製品/商品紹介 | インジェクション用カスタムタンク XLHタイプ 装着イメージ(その2) はコメントを受け付けていません。