Monthly Archives: 2月 2005

BUELL RACERで筑波に挑戦(続編)

R0011833.JPG
C&Jフレームというダートトラック専用レースフレームで「C&Jトラッカー」と命名してこんな車両を発売していました。造った車両は限定生産 あっという間に完売でした。 
Tracker5.jpg
Tracker8.jpg
実はその中に数台だけなんとビューエルのエンジンを搭載しちゃった車両があります(通常はXL-C1200cc)。正確には3台だけ。 これは化け物級に速いバイクでした。 XL-Cでもアクセルアオルだけでフロントフォーク浮いてましたからね。 差は歴然。 この車両が速い大きな理由は車重とバランス。軽量クロモリレーサーフレームなのです。 製造者は米国C&J社。本来オーバルコースを走るフレーム設計の為、サスペンションは片持ち。このスタイルにドキッときてしまうあなた。かなり「通」ですよ。
本場AMAの本物ダートトラックレーサー以外ありえないフレームですからね。
DSC00701_tomita.jpg
さて、本題 その車両をベース「国際A級の富田氏」が筑波のSSCオープンクラスに出たいと申すのでロデオも協力。 という経緯です。
DSC00741_tomita2.jpg
C%26Jgold3.jpg
さて、こちらのフロントエンド。最近オーリンズさんもプロダクションレース用に市販仕様(20万円位?)のレーサーフォークを販売している様ですが、こちらは純レーサー仕様のフォーク、実は本物のレーサーフォークと言うのが有るのです。価格100万円以上。 MOTOGPとかのレーサーに付いてるあれね。 ほぼ2レースごとにオーバーホール要。さてその動きは驚くなかれ。驚異のフォークです。まぁあんまり速くないライダーには不要です。
C%26Jgold2.jpg
ボディーがGOLD。そう金メッキです。天気がいいと目がまぶしくオフィシャルから注意を受けます。ウソ。
C%26Jgold1.jpg
彼のエントリーはエキスパートクラス。A級なのでしょうがないです。
周りは1100のすごい車両ばかりのクラスです。
さて結果は如何に?

Posted in TWINでレース, 懐かしの | BUELL RACERで筑波に挑戦(続編) はコメントを受け付けていません。

BUELL RACERで筑波に挑戦

ビューエルをベースにレーサーをロデオが造りました。
筑波SSCオープンクラスにエントリー。
ライダーは友野竜二氏、今ではスーパーノービス級(死語?)早さで各地を賑わしています。
現在彼のベストラップは、筑波1秒台だそうです。 車両は残念ながらドカです。
race1.JPG
完成した車両をセッティングを出す為にスポーツ走行です。 (筑波サーキット)
race2.JPG
足回りが煮詰まらなくパワーを持て余す。
race5.JPG
ダンパー調整、伸び、圧側色々いじってみる。ノーマルフォークではこの程度で我慢か。
race6.JPG
午後の出走を一番で出るべく並ぶ
race3.JPG
レース当日、ウオームアップ場で暖機しながらキャブ調整。
race4.JPG
タイムスケジュールを見ながら動く予定を打ち合わせ中。
race7.JPG
ピットでタイヤにウオーマーを付けて出走時間に併せてタイヤに熱を入れます。
race8.JPG
別部隊のCJフレーム号ロデオスポーツの富田氏もエントリーしているので忙しい。
race9.JPG
さて結果は如何に?

Posted in TWINでレース, 懐かしの | BUELL RACERで筑波に挑戦 はコメントを受け付けていません。